• 三重
  • 愛知
  • 岐阜

「いい家」をつくる会

社長の思い

この言葉の思いには、
もうひとつの理由がありました。

数年前、お誘いを受け社員とともにマツミハウジングさんの東京体感ハウスにお伺いした時のことです。

「これはエアコン利用の革命ですよ!」と松井さんにそう申し上げたのには、もうひとつの理由がありました。


お客様のお声とともに、自社の体感ハウスの涼温換気リフォームに合わせ、自宅を外断熱ならびに涼温換気にリフォームし住んだ自らの生活体感と喜びに満ちた家族の声をお伝えしたかったのです。


何より先に、自社の体感ハウスにお越しくださるお客様の体感時の心地よさや空気感をお話しくださるたくさんのお言葉をお伝えしたのですが、「涼温な家」に住んでみた私の思いや家族の声は、さらにその空間に身を置くあるがままの心を映していました。

その思いと家族の声をお客様のお声とともにお伝えしたかったのです。


一番の喜びは家内の言葉でした。
「お父さん、(この時はなぜかこう呼ばれました)ありがとう。今までで最高の贈り物です。」

とてもうれしく思ったのは言うまでもありません。


平成10年の春のことです。祖父が建て住み継いできた家の住環境が劣悪となり、住み替えに至り新居が完成しました。3月半ばの引越しでした。

幾晩目かの夜、家内が言ったのです。
「お父さん、ありがとう。子供たちもとても喜んでくれています。でもこの家少し寒いね。」

気をつけたつもりでも内断熱・充填断熱の隙間をなくすことはできず、多くの熱橋を持ち、断熱.気密の一体性に乏しく、気流止めの概念も無かったことが寒さの原因です。

春先に寒さを感じた新居は、私の思いとともに家族の期待に沿うこともできなかったのです。


その声は同時に、私にはこれまでの多くのお客様の声に聞こえました。

家族の幸せを願い、新居に暖かさを期待されたお客様の声です。

内断熱・充填断熱の限界を覚り、この年、家造りの全てを外断熱に切り替えました。


私にはその時の家内の言葉が、お世話になった多くのお客様の声となり今でもずっと心の中に残っているのです。

その心情とともに、家内からもらった言葉をお客様のご体感のお声に合わせお伝えしたかったのです。