• 三重
  • 愛知
  • 岐阜

「いい家」をつくる会

社長の思い

老後を支えてくれる
いちばん確かなもの

人生総仕上げのステージは家。そうありたい。

そのときになり、本当に建てておいてよかったと思える家でありたい。


住んでみて、四季に心地よさを感じることができる。


家中が快適だから動くことが楽になり、生活を楽しむことができる。


暖かくて、涼しくて、空気が気持ちよくて、いつも気持ちが癒される。


そんな「終の棲家」は、老後を支えてくれるいちばん確かなものであり、生きる喜び、楽しさの源泉。


住むを楽しむ親のところには、子供や孫たちが心置きなく寄ってくる。


そしてこの家を先々、子供が使い、孫が使う。そうあってほしい。いろんなケースを考えてその対応ができるようにしておく。先々までも喜びに満ちて使ってもらいたい。


祖父が建て住み継いできた家の住環境が劣悪となり、平成10年に内断熱・充填断熱の工法で建て替えた我が家。平成10年、それは内断熱・充填断熱の工法に限界を覚り外断熱工法への切替えとともに、私には大きな負い目を自覚し大切な多くのことを学んだ年となりました。 私は45歳、妻が39歳でした。 子供たちが独立をし今は夫婦二人です。60歳を迎えるにあたり、私たちの老後を支え、のちに子や孫たちへ継承ができる、そんな思いで「涼温な家」にリフォームした我が家で現在暮らしています。


家中に快適の差を設けず、閉じこもることがなく、日常生活動作を鈍らせずにどこでも気楽に動き回れる。

「換気が主、冷暖房は従」とし、四季を通し一年中空気に安心して健康的に気持ちよく暮らせる、そんな涼温な家です。


これからは健康長寿の時代の家造りが求められます。

マルカの「いい家」、それは涼温な家です。

老後を支えてくれる一番確かなものとして、健康長寿の恩恵に最大限浴し、「住む」を楽しみ暮らせる家です。

先々までも喜ばれる家であって欲しい。その思いを大切にします。