• 三重
  • 愛知
  • 岐阜

「いい家」をつくる会

ご挨拶

マルカの歩み

「事業を大きくしてはいけない、お客様の家を守る仕事があるから」
前ばかりをみて事業を拡大してはいけない。祖父が肝に銘じ、父、私と守ってきたことです。
お客様の家造りを通し、幼少より地域の皆様に育てていただいたご恩に報いる思いが、創業者.近藤勝藏の精神でした。
祖父が名付けた屋号、マルカに込めた思いです。

大正3年、祖父が興しました事業は木材業でした。
多くの方々のご支援を受け、林業とともに地域の皆様の家造りに努めました。
今なおご年配の方々より祖父の話を聞かせていただくことがあります。人と人とのつながりを大切にした祖父の心を教わります。

昭和35年、事業を引き継いだ父は、子供だった私をよく山に連れ立ち植林の木々を見せてくれました。
まるで立木と会話をしているような父の眼差しが今も目に焼き付いています。
父に木のこと、木の温もりを学んだ気がします。それは木を育て地産地消を心がけた父の家造りの原点だったのだと思います。
その檜林を今も守っています。職人さんはじめ、働く仲間を大切にした父の思いが伝わります。

昭和50年、私は社会人となり修業に出たのですが、その後も父は林業とともに、職人さんや働く仲間と力を合わせ木造在来の家造りに専念をしました。

昭和60年に郷里に戻り、平成2年、父より代表を引き継いだ私は、家造りにおいては開放型で土壁を用いた湿式工法の家造りを承継したのですが、しばらくのちは、国が推奨し、ときの主流であったグラスウールなどの綿状断熱材を用いた乾式工法で内断熱・充填断熱の家造りを続けました。

しかし、その家造りは気密の概念に乏しく、断熱と気密に曖昧さを残したものでした。
住み心地はお客様の主観的な価値としていたのです。
開放型の家造りの延長にあったこの工法をこのまま続けていいのか。
どうしても施工が曖昧となる内断熱・充填断熱の工法、湿気を防ぐことが出来ない家造りに悩みを持ち始めたのです。

「外断熱」の断熱工法があることを知ったのは、引き継ぎから4年後、平成6年のことです。
家造りに悩みを持った私は、内断熱・充填断熱工法の不合理や欠点を補い、科学的な裏付けのもと、その温熱環境により長寿化する社会への適合をはかり、飛躍的に長持ちする外断熱の家造りにとても魅了されました。

時代は進化するものだと、この年多くの合理性を持つ外断熱の工法へ家造りの切り替えを図ろうとしたのですが、自分自身の知識不足や決断力の弱さ、さらには当時の住宅業界での関心のなさも手伝い、説得力に欠け周りの人たちの理解を得るには至りませんでした。
開放型の家を良しとして、湿式、乾式を問わずこれまで長年お客様の家を内断熱・充填断熱の工法でお造りしてきたのですからなおさらのことでした。

今までの慣習やしがらみが断ち切れず、外断熱の工法へ切り替えに答えの出せない日々が続きました。
切り替えには大工さんはじめ多くの造り手の賛同がいるものだと、その必要性を感じていました。

揺るぎのない心

家造りを「外断熱」工法に切り替えたのは、平成10年のことでした。
祖父が建て住み継いできた家の住環境が劣悪となり、平成9年秋より、仕事が潤沢でない時期でもあったため腕のいい大工さんをつなぎ留めておきたい思いで、踏ん切りがつかぬままに内断熱・充填断熱の工法で我が家の建て替え工事をしたのです。

平成10年春、3月半ばの引っ越しでした。幾晩目かの夜、妻が言ったのです。
「お父さん、ありがとう。子供たちもとても喜んでくれています。でもこの家少し寒いね。」
気をつけたつもりでも内断熱・充填断熱の隙間をなくすことができず、多くの熱橋を持ち、断熱.気密の一体性に乏しく、気流止めの概念も無かったことが寒さの原因です。

春先に寒さを感じた新居は、私の思いとともに家族の期待に添うことができなかったのです。

その声は同時に、私にはこれまでの多くのお客様の声に聞こえました。
新居に暖かさを期待されたお客様の心の声です。

今まで誰を見てきたのか。誰のために仕事をしてきたのか。
心からお客様のために家を造るべきなのだとこのことが理解できていれば、抱える悩みを招いた自分自身の優柔不断をもっと早く断ち切り、断熱の曖昧に目を背けることなくしっかりと向き合えたはず。造り手みんなの理解は深まり、より早く「外断熱」工法への切り替えを決断し行動に移ることができたのだと悔やみました。

これまでの自分自身を見つめ直し、お客様へ恥ずべき大きな負い目があることを心に受けとめ、ここで造り手として変わらなければと思ったのです。
内断熱・充填断熱の工法に限界を覚り、この年、家造りの全てを「外断熱」工法に切り替えたのです。

いい家をつくる会に参加させていただくきっかけとなった
一冊の本に巡り合うことができたのはその翌年のことでした。
<「いい家」が欲しい。>それは先駆者である松井修三氏の著書でした。

初めて手にした日のことです。
文字となり書かれている家造りの真実に、幾度と強く自責の念に駆られる自分がいました。
お客様への負い目のつらさとともに、求めていた家造りの道筋を照らされる思いで、溢れる涙を止めることができません。
何ごとにおいてもお客様の側に立ち、正直に最善を尽くす工法があることを知りました。

それは正直という工法で建てる家造りの本質でした。
造り手としてそうでなくてはいけない。自分自身の揺るぎのない心として、その心が持てるまで、その確信が持てるまでと幾度と読み、正直に徹することの大切さを学びました。
自問自答を繰り返し、のち、その家造りを信念とし上京をしたのです。

松井修三氏にお会いし、いい家をつくる会に参加させていただいた日のことを忘れることはありません。

心からお客様のために「いい家」を造る。マルカ一同でその思いをこれからも大切にしてまいります。
住む人の幸せを心から願い、お客様の家造りに専念いたします。
どうかよろしくお願い申し上げます。

株式会社マルカ 代表取締役社長
 近藤元和